390冊超の英語絵本の紹介。英語学習者、絵本好きの方におすすめです。

絵本の入手法

絵本の入手法

英語絵本を入手する3つの方法 

オンライン書店古書店オークション


絵本を集め始めたのは2008年の秋からです。たまたま入った古書店に洋書コーナーがあり、そこで出会ったエリック・カールの絵本に衝撃を受けたのがきっかけです。数冊から始まった絵本は次第にミステリーを駆逐し、いまや本棚はすっかり英語絵本に占領されてしまいました。
初めのうちは古書店を巡ってピンとくる作品を集め、そこから好きな作家や興味が広がりオンライン書店やオークションを利用するようになりました。


オンライン書店
英語の絵本に関して言えば、一番手軽に入手できるのはオンライン書店だと思います。残念ながら通常の書店(リアル書店)の場合、洋書を取り扱っている店舗でも絵本となると店頭に並べる数はとても限られています。
私自身は絵本に限らず洋書の購入はアマゾンを利用してきました。新品もあれば中古商品もあります。価格、入手までの時間や手間を考えると本当に便利だと実感します。
購入に当たって注意したいのが体裁とサイズです。同じタイトルの絵本でもハードカバー、ペーパーバック、ボードブックなど異なる体裁で出版されていることがしばしばあります。また値段が安めと思ったらミニサイズだったなんてことも。商品の登録情報は必ずチェックするようにしましょう。


古書店
特定の絵本を探すならオンライン書店、予期せぬ出会いの楽しみなら古書店がおすすめです。大好きな絵本作家であるエリック・カールジョン・バーニンガムギョウ・フジカワとの最初の出会いは古書店でした。何の知識も先入観もなくたまたま手に取り、すばらしい絵に魅了されました。


オークション
ヤフーのオークションを利用しています。ヤフオクでは「本、雑誌」カテゴリー内の「洋書、外国語絵本」「子ども英語」に多くの英語絵本が出品されています。1冊の出品もあれば数冊まとめての場合もあります。探していた作品や掘り出し物とのうれしい出会いも幾度となくありました。入札の経過を見ていると人気作品の傾向などがうかがえて興味をそそられます。
リンク


図書館を利用しよう。


絵本を読むのであれば、購入するだけでなく図書館で借りるというのも1つの方法です。近くの公立図書館に英語絵本があればぜひ借りて読みましょう。もし蔵書がなければ読んでみたい作品をリクエストしてはいかがでしょう。

以前住んでいた神奈川県川崎市の市立図書館には日本語の絵本と一緒に外国語(主に英語)の絵本が並んでいました。現在暮らす東京都調布市の市立図書館も子どもの本の一画に英語のコーナーが。どちらにもアマゾンで取り扱っていない古い絵本から最近発行されたものまで、多くのロングセラーや人気作品がそろっています。
a:5486 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.21
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional