390冊超の英語絵本の紹介。英語学習者、絵本好きの方におすすめです。

ドクター・スース

絵本作家 ドクタースース

へんてこキャラが大活躍。絵もお話もユニークで愉快爽快!
軽快なライムの文を読めば英語がもっと楽しくなる。

THE CAT IN THE HAT

The Cat in the Hat Book & CD (Dr. Seuss)

キャット イン ザ ハット ドクター・スース作 いとうひろみ訳 河出書房新社

主なキャラクター
ぼく サリー 帽子をかぶったネコ

声に出して読みたい英語だニャー。
留守番をしていたぼくとサリーの前に突然現れた帽子をかぶったネコ。「楽しく遊ぼうよ!」って。
退屈な雨の日が、もうてんやわんやの大騒ぎ。

現代のマザーグースとも称されるドクター・スースの代表作です。220語を選びライム(rhyme:押韻)を駆使して仕立てたストーリーとユニークな絵がとびっきりの楽しさ。
裏表紙の宣伝コピー「a little volume of absurdity that worked like a karate chop on the weary little world of Dick, Jane and Spot」が言い得て妙。良い子の世界を空手チョップで粉砕!しちゃったんですね。

タイトルThe Cat in the Hatはcatとhatで韻を踏んでいます。「帽子をかぶったネコ」と日本語に直すとライムの面白さが伝わってきません。使われている220語は使用頻度が高く初心者にもおなじみの単語ばかり。声に出して読むとライムが生み出す英語独特のリズムが楽しめます。

ドクター・スースの作品はCD付きペーパーバックがおすすめです。聞いて見て読んで楽しめて800円台の価格はお得。軽快なリズムの朗読はリスニングやスピーキングの練習に役立ちます。

ぴっくあっぷ名シーン迷場面
"I know it is wet
And the sun is not sunny.
But we can have
Lots of good fun that is funny!"
戸口に現れたネコはこう言って兄妹を遊びに誘います。

THE CAT IN THE HAT COMES BACK

The Cat in the Hat Comes Back (Beginner Books Read-Along Book & CD)

主なキャラクター
ぼく サリー 帽子をかぶったネコ

戻ってきた帽子ネコ。帽子の秘密にキャッと驚く。
雪かきをしているぼくとサリーの前に、帽子に蝶ネクタイのいでたちで例のネコがまたやってきた!あわてて後を追っかけるとアイツはお風呂の中でケーキなんか食べている。なんとか追い出そうとするけれど、帽子ネコの向かう先々でトラブル発生。おまけに仲間がぞろぞろ。

『THE CAT IN THE HAT』第2弾は前作に負けず劣らずのパワーとおもしろさ。ネコ帽子はなんとシークレット・ハットだった!こんな秘密が隠されていようとは。ドクター・スースのマジックはとどまるところを知りません。

ぴっくあっぷ名シーン迷場面
"Keep your mind on your work.
You just stay there, you two.
I will go in the house
And find something to do."
スキーをはいて現れた帽子ネコ。雪かきの2人を尻目にスイスイッと家の中へ。

Green Eggs and Ham

Green Eggs and Ham Book & CD (Book and CD)

主なキャラクター
サム

食べてくれなきゃついていきます、どこまでも。
「グリーンの卵とハムはいかが?」とすすめるサム。「いらないよ」と断っても断っても全然めげる気配はありません。どこまでもどこまでもトレーを持って追いかけていきます。山を越えトンネルを抜け、ついには海の中へ...。

ぴっくあっぷ名シーン迷場面
Would you eat them in a box?
Would you eat them with a fox?
「箱の中で食べる?キツネと一緒に食べる?」とサム。boxとfoxがライムになっています。

リンク

One fish two fish red fish blue fish

One Fish, Two Fish, Red Fish, Blue Fish Book & CD (Book and CD)

奇妙な世界のおかしな仲間と遊ぼっ!
From there to here,from here to there, funny things are everywhere.
扉の言葉がドクター・スースの奇妙奇天烈な世界に誘います。

トップバッターは表紙のサカナたち。次から次へとスース王国のおかしな住人たちが登場して、飛んだり跳ねたり。どこもかしこもあっちでもこっちでもヘンなヤツらが変なコトしてる。

楽しい絵とライムを生かした簡単な文でいっしょに遊んでいるうちに英語が楽しくなっちゃいます。

ぴっくあっぷ名シーン迷場面
Say, look!
A bird was in your ear.
But he is out. So have no fear.
Again your ear can hear, my dear.
耳から鳥が飛び出すイラストが添えられています。

HOP ON POP

Hop on Pop Book & CD (Dr. Seuss)

なるほど!綴りと発音のルール。
「The SIMPLEST SEUSS」と表紙にあるように、子どもが自分で読めるように言葉と絵が工夫されています。
最初の4ページはこんなふう。
UP  PUP  Pup is up. 子犬がぴょーんと飛び上がっている絵。
CUP  PUP  Pup in cup. カップの中に子犬。
PUP  CUP  Cup on pup. カップを背負った子犬。

綴りと発音のルール(フォニックス)が言葉と絵で楽しく身に付きます。
ALL  FALL  Fall off the wall.
NIGHT  FIGHT  We fight all night.

一つひとつの単語をきちんと発音するよう意識して耳と口を鍛えると、リスニング強化にも効果があります。「HOP on POP」のCDを聞き一緒に音読していたら、海外ドラマの台詞がとてもクリアに聞こえてきて驚きました。 

Fox in Socks

Fox in Socks Book & CD (Dr. Seuss: Beginner Books)

主なキャラクター
ソックスをはいたキツネ ノックス氏

英語舌を鍛えるキツネ式エクササイズ。
This is a book you READ ALOUD to find out just how smart your tongue is.
と表紙で宣戦布告。しかも
Take it SLOWLY. This Book is DANGEROUS!
と警告が続きます。

ソックスをはいたキツネがあの手この手でノックス氏に迫ります。
Fox Socks Box Knox
の4語で始まり、徐々に単語の数が増えていき...。

半ばに差しかかると
Mr. Fox! I hate this game, sir. This game makes my tongue quite lame,sir.

後半にはノックス氏は息切れ状態でヘロヘロ...。
I can't blab such blibber blubber! My tongue isn't made of rubber.

舌好調のキツネはさらに過激に。
When beetles battle beetles in a puddle paddle battle and the beetle battle puddle is a puddle in a bottle...

ちょっとハードな英語舌と口のエクササイズ、挑戦してみませんか。

Mr. Brown Can MOO! Can You?

Mr. Brown Can Moo! Can You?: Dr. Seuss's Book of Wonderful Noises (Bright & Early Board Books(TM))

主なキャラクター
ミスター・ブラウン

おじさんと一緒に鳴きマネしよう。
ブラウンおじさんのモノマネショーのはじまり、はじまり。幕開けは「MOO MOO」。ウシもにっこり
する出来栄えです。「BUZZ BUZZ」の音にハチが寄ってきます。オンドリに負けず声高らかに「COCK A DOODLE DOO」。おじさんのモノマネは鳴き声だけじゃありません。コルクが「POP POP」。おウマが「KLOPP KLOPP」。雨降りの日は「DIBBLE DIBBLE DIBBLE DOPP」と雨だれのメロディ。

副題に「Book of Wonderful Noises」とあるように、動物の鳴き声や身の回りのさまざまな音12種類をミスター・ブラウンの声帯模写で楽しく紹介しています。ブラウンおじさんのヘンなイラストにのせられて「MOO MOO」「COCK A DOODLE DOO」なんて口にせずにはいられません。

ぴっくあっぷ名シーン迷場面
Mr.Brown can WHISPER WHISPER
...very soft
very high...
like the soft, soft whisper of a butterfly.
ヒソヒソささやきはやさしくね。

There's a WOCKET IN MY POCKET!

There's a Wocket in My Pocket (Bright & Early Books(R))

ライムから生まれた元気モノと言葉遊びしよう。
家中のあちこちにヘンテコないきものが出没!

ポケット(POCKET)の中から顔を出すウォケット(WOCKET)に始まって
バスケット(BASKET)の中にはワスケット(WASCKET)
クロゼット(CLOSET)の中にはウォゼット(WOSET)
カーテン(CURTAIN )の中にジャーテン(JERTAIN)
クロック(CLOCK)の後ろにズロック(ZLOCK)
シェルフ(SHELF)の上にゼルフ(ZELF)
ボトル(BOTTLE)の中にヨトル(YOTTLE)
ソファ(SOFA)の上にボファ(BOFA)

あっちにもこっちにも、こんなことにも、いるいるいる~。

ドクター・スースのライムに誘われて、我が家にもヘンテコリンたちが現れた。
There's a PAG in my BAG!
And a SHEAD on my HEAD
And a BOMPUTER on my COMPUTER

あれれ、ドクター・スースの魔法にかかったみたい。

ぴっくあっぷ名シーン迷場面
The only one I'm really scared of is that VUG under the RUG.
ラグ(RUG)の下にひそんでるヴァグ(VUG)だけはちょっとコワッ。

I Can Read with My Eyes Shut!

I Can Read With My Eyes Shut! (Beginner Books(R))

読めば読むほど楽しいね。
あのシマシマ帽子のCat in the Hatが再び登場。今度はYoung Catをお供に大暴れ、ではありません。読書の楽しさをあの手この手で、手を替え品を替えて熱血指導です。

最初はズラリと「I can read...」の文が並びます。
I can read them with my eyes shut!
ギュッと目を閉じても、ほらこの通りスラスラスラ。

でも、目を開けているほうがずっと速いし、たくさん読めるよね。ほらほらほらと、スース流のライムを次から次へと繰り出します。
You can read about trees...and bees...and knees.
And knees on trees!
And bees on threes!

ちいさな読者もおおきな読者もその気にさせるドクター・スースの楽しいマジックです。

ぴっくあっぷ名シーン迷場面
You'll learn about Jake the Pillow Snake
and all about Foo-Foo the Snoo.
ヘビ枕のジェイクはかわいいけれど、Foo-Fooはちょっとコワモテ。

Yertle the Turtle and Other Stories

Yertle the Turtle and Other Stories Party Edition (Classic Seuss)

主なキャラクター
カメのヤートル

タートルタワーは天高くのびる、のびる。
「親亀の背中に子亀をのせて~、子亀の背中に孫亀をのせて~」。亀が積み重なっている表紙を見て昭和の歌を思い出しました(ナンセンストリオ「親亀の唄」)。日本の亀はひ孫までの4世代4匹重ねですが、ドクター・スースときたら天を突く高さのタートルタワー。一体何匹いるやら。そのてっぺんに鎮座するのがヤートルです。

ヤートルはサラ・マ・ソンド島にあるカメ王国の王さまです。池から突き出た石の玉座では周りがよく見えん、と9匹に上に乗っかれと命じます。こうしてできた9匹重ねの玉座でしばし景色を楽しんだものの、もっと遠くまで見たいと欲が出ます。そこでまた命じます。「もっと集まれ!もっと高く!」。たまらないのが一番下で支えるマックです。ヤートル王に訴えても聞きいれてもらえるどころか、上に乗るカメの数は増えていくばかり。ヤートルを頂くカメの玉座はどんどん高くなっていきます。

毎度おなじみの奇想天外スース節、今回もライムにのせて、カメをのせて、読者も軽々のせてくれます。他にお洒落なトリの話(Gertrude McFuzz)と、ウサギとクマとミミズの自慢大会(The Big Brag)が収録されています。

ぴっくあっぷ名シーン迷場面
He burped.
heはマック。burpは"ゲップする"。想像通りの結末です。

Oh, the Places You'll Go!

Oh, the Places You'll Go! (Classic Seuss)

きみの行く道  ドクター・スース 文と絵  いとうひろみ訳  河出書房新社

ドクター・スースの「贈る言葉」。
Congratulations!
Today is your day.
You're off to Great Places!
You're off and away!

「おめでとう!」の一言で始まるこの絵本は、新たな人生の門出に贈るドクター・スースのはなむけの1冊です。型破りのユーモアに包まれた、これぞスース流の人生訓。

1人の男の子が未知の世界に踏み出そうとしています。どこへ行くのか、決めるのは自分です。
行く先々でなにが待ちかまえているでしょうか。ワクワクするような楽しいこともあれば、さまざまな困難にもぶつかるでしょう。

新しい環境で遭遇するであろう期待、高揚、発見、驚き、不安、戸惑い、挑戦など。奇妙なイラストとライムを散りばめた軽妙な文章でドクター・スースが力強いエールをおくります。

絵本のラストシーンはこう結ばれています。
Today is your day!
Your mountain is waiting.
So...get on your way!

本作が発表されたのは1990年。ドクター・スースが亡くなる1年前、86才のときの作品です。その旺盛な創作意欲に驚くばかりです。若い世代はもちろんのこと、新たな人生に立ち向かおうとする年齢不問のチャレンジ精神を熱い応援メッセージで後押しします。

ぴっくあっぷ名シーン迷場面
KID, YOU'LL MOVE MOUNTAINS!
うわあ、本当に山を動かしてる!

The Butter Battle Book

バター戦争の行きつく先は。
タイトルに3つの「B」が並びます。「バター戦争」って一体どんな戦いなんでしょう。
壁を隔てて暮らすのはYooksとZooks。Yooksはバターをぬった面を上にしてパンを食べ、片やZooksはバターの面を下にして食べるのです。そんな食べ方をするZooksは信用ならんとYooksは壁周辺を見張り、彼らが近づいてきたらトゲトゲ棒で撃退します。するとZooksはぱちんこで石を飛ばし、棒を粉砕。両者の対立は次第にエスカレートしていきます。

そっちがそうくるなら、こっちはコレだ!とばかりに繰り出される攻防。奇想天外なイラストでユーモアたっぷりに描かれますが、ちょっと待って。バターをめぐるこの突拍子もないお話って、どこかで見聞きしたことがあるような...。現実社会と二重写しになって、ドクター・スースのメッセージがひたひたと迫ってくるのです。

Ten Apples Up On Top

Ten Apples Up On Top! (Beginner Books(R))

あたまのうえにりんごがいくつ? セオ・レスィーグ文  ロイ・マッキー 絵 
たむらりゅういち訳 ペンギン社

主なキャラクター
ライオン イヌ トラ

3匹の動物が10個のリンゴを頭にのせる75語のお話。
使われている単語はたった75語。少ない語数でたっぷりユーモアと楽しさがつまった絵本です。
ライオンとイヌとトラが頭の上にのせたリンゴの数を競います。ライオンが3個ならイヌは4個。おまけに縄跳びだってできちゃう。そこへ現れたトラは7個をのっけて電線の上を綱渡り。
互いに競い合いながら、ついに10個のリンゴを頭にのせた!ところが今度はクマやトリがリンゴをねらっている。3匹は10個のリンゴを守れるの?

ドクター・スースの本名はセオドア・スース・ガイゼル(Theodor Seuss Geisel)。本作の作者名セオ・レスィーグ(Theo.LeSeig)は別のペンネームです。

ぴっくあっぷ名シーン迷場面
Look! Ten apples up on top!
We are not going to let them drop!
頭に10個のリンゴをのせてライオンもイヌもトラもとっても嬉しそう。

I wish that I Had Duck Feet

I Wish That I Had Duck Feet (Beginner Books(R))

I wish that I Had Duck Feet Theo.LeSieg 文 B.Tobey 絵

主なキャラクター
男の子

アヒルの足だったらこんなことできる!
「羽根があったらなあ」なんて、誰でも一度は想像したことがあるのではないでしょうか。この絵本では、男の子が思い描く「~だったらいいなあ」をユーモラスに描いています。
タイトルにもなっている「アヒルの足だったらなあ」。だって、水たまりでパシャパシャできるでしょ。
もう靴はいらないね。ほかの子ができないような水遊びができるし。でも...アヒル足で家に入っちゃダメ!ってお母さんに叱られるにきまってる。
それならシカの角はどうだろう。頭に角があればみんなの帽子をかけてあげられる。本や鉛筆や
リンゴをぶら下げて便利だし。でも...大きな角が引っかかってスクールバスに乗れなくなっちゃう。

クジラの潮吹きがついていたら、長い尻尾があったら、ゾウの鼻がついていたら...。
いろんな便利があるけど、イイことばっかりじゃない。
And that is why I think that I just wish to be like ME.
やっぱり一番いいのは、ボク自身だ。

ドクター・スースがTheo.LeSieg(セオ・レスィーグ)のペンネームで書いた作品です。男の子の頭にクジラの潮吹きがついていて噴水みたいにシューッと吹いているなんて、さすがドクター・スースですね。

ぴっくあっぷ名シーン迷場面
I could help the firemen!
My nose would be just right.
I could help them put out fires a hundred times a night.
ゾウの長い鼻は消火に大活躍。ナルホド。


Dr.Seuss(ドクター・スース
1904年~1991年/アメリカ・マサチューセッツ州生まれ。本名Theodor Seuss Geisel(セオドア・スース・ガイゼル)。ペンネームのSEUSSは母親の旧姓から。「子どもが本を読まないのは本がつまらないから」という『ライフ』誌の記事をきっかけに1957年にThe Cat in the Hatを発表。絵本・児童書の世界に新風を吹き込んだ。ユニークな絵、ライムを用いた軽快なリズムの文と奇想天外なストーリーが大きな魅力。91年に87歳で亡くなったときにはNYタイムズが「現代のマザー・グース死す」と報じた。

リンク

a:24050 t:19 y:30

powered by Quick Homepage Maker 4.21
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional