390冊超の英語絵本の紹介。英語学習者、絵本好きの方におすすめです。

オリビア

動物が主人公  コブタのオリビア

OLIVIA

Olivia

オリビア イアン・ファルコナー文と絵 谷川俊太郎訳 あすなろ書房

主なキャラクター
オリビア ママ 弟のイアン

お洒落大好き、キュートで元気な女の子。
赤いドレスとシマシマタイツでおすましのオリビア。女の子だもの、お洒落大好き。服や帽子やバッグをとっかえひっかえ、はいポーズ。海も大好き。ママに教わって作った砂のお城は見事な出来栄えです。美術館で見た巨匠の作品に触発されて絵心がむくむくしたオリビア。家の壁をキャンバスに一気描き、ママのお顔はひくひく。
にぎやかなオリビアの1日はママの読み聞かせで安らかに過ぎてゆきます。

オリビアがめちゃめちゃキュート!おしゃまな女の子の日常はあるあるってニンマリさせられます。赤をポイントにしたイラストがお洒落で印象的。コルデコット賞オナー賞を受賞しています。

ぴっくあっぷ名シーン迷場面
Time out.
壁にお絵かきの後ちょっと一休み。

OLIVIA saves the circus

Olivia Saves the Circus

オリビア サーカスをすくう イアン・ファルコナー文と絵  谷川俊太郎訳 あすなろ書房

主なキャラクター
オリビア ママ

綱渡りや空中ブランコでオリビアが大活躍。
オリビア再び登場!今回の舞台はサーカスです。綱渡りや一輪車やジャグリングはお手のもの。象やライオンも手なずけてしまいます。びゅーんと空中ブランコ、トランポリンでぽーんぽーん。大活躍のオリビアです。どうしてサーカスに参加しているかって?それは読んでのお楽しみ。個性的なオリビア流ファッションが可愛い!
弟のウィリアムが生まれ2人のお姉ちゃんになったオリビア。ママのお手伝いもバリバリ?かな。

ぴっくあっぷ名シーン迷場面
Beep, beep ― coming through.
キックボードで颯爽と登校。制服もオリビア流お洒落です。

OLIVIA...and the Missing Toy

オリビア…ときえたにんぎょう イアン・ファルコナー 文と絵 谷川俊太郎訳 あすなろ書房

主なキャラクター
オリビア

大好きな人形が消えちゃった。
冒頭、オリビアはラクダに乗ってエジプトを旅しています。お供はお気に入りの人形です。そこにママの声が聞こえてきます。「起きなさ~い」。夢から覚めたオリビアの隣にはもちろん人形が横たわっています。こうして始まったオリビアの1日。かたわらにはいつも大好きな人形がいっしょです。
ところが、ちょっと目を離したすきに大切な人形が消えてしまいました。家中さがし回ってもどこにも見当たりません。

その晩は嵐の夜となりました。窓の外では稲妻がピカピカッ。ピアノの練習をしていたオリビアは大きな物音を耳にします。ロウソクを手に音のする方へ近づいていってドアを開けると、目に飛び込んできたのは...。

シリーズ3作目もオリビアの個性がはじけます。好きなものにトコトンこだわるから、緑色が気に入らなくてサッカーのユニフォームをママに赤色で手づくりしてもらったり、行方不明の人形に大騒ぎしたり。泣き顔もお目見えします。
今回は色彩にグリーンが加わり、やわらかな印象を与えるアクセントになっています。

ぴっくあっぷ名シーン迷場面
"Where's my toy? It was right there on the bed, I just put it there. I remember exactly. That's my best toy. I need it now! Somebody took my best toy!"
ベッドの上にあるはずの人形がない!大切な、大好きな人形なのに。

リンク

a:5205 t:2 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.21
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional